我が家のカブト事情。

*誠に勝手ながら、都合により9月3日(土)はお休みとさせていただきます。
 3日、4日と連休になりますので、ご来店の際はお気をつけ下さい。


今朝起きてみると、家で飼っているつがいのカブトムシのオスが息絶えていました。
この夏、保育園のお友達の家で増えた2匹を貰って、主に夫と息子が世話をしていました。
夫は生き物を飼うことにはすごく真剣に向き合うタイプなので、大きなケースにふっかふかの土と落ち葉を入れて、なにやら保湿用っぽいスプレーを欠かさず、もちろん餌も欠かさず、保育園に連れて行きたいという息子の願い(虫かごに入れた虫を持って行くのが園児の中でトレンド)はカブトムシが弱るとかわいそうだから、という理由で却下し、大事に大事に育てていました。
そのお陰か、よく聞くコバエや臭いの発生も無いまま見事子孫を残したようで、外から見ても幼虫のいる様子が分かります。
これから、また大きな入れ物に変えてお世話し、幼虫を大きくしていくようです。
私は足が多い虫と足が無い虫が昔から苦手なので、幼虫の間はなるべく視界から外していこうと思っています。
ちなみに、カブトムシは名前があって、息子が「ぼくちゃん」(オス)となんとかちゃん(メスは忘れてしまった…)と名付けていたのですが、途中で夫が勝手に「かぶお(カブ男)」と「かぶめ(カブ女)」と呼び始め、そちらが定着してしまいました。
かぶめはまだ元気です。
入れ物を変える時にどれだけの幼虫がいるかが初めて分かるわけですが、今からそれが恐すぎて、でも少し楽しみな気もします。
また、こちらの日記か、ちょっとしかいなかったらツイッターでご報告しようと思います。
誰も興味が無い話を延々としてしまった気がしますが…、すみません…。

さて、気を取り直して。
便利なマグネットタイプのブックマーカーが入荷しております。
コンパクトなサイズなので、本のしおりの他に、手帳などにも便利にお使いいただけると思います。
右の女の子もブックマークにもなりますが、5分ほど水に浸けると柔らかくなって、好きな形に曲げることができます。
乾くと固まるので、オブジェにしたり、簡単なフックとして使っておられる実例も見ました!
ぜひお試し下さい。

左から、各400円+税、380円+税、480円+税

DSCN6337.jpg

この記事へのコメント