ビフォーアフター⑥

久日ぶりに「ビフォーアフター」の続きを書いてみます。
リトルピースはまるで一人暮らしのワンルームの部屋のように小さなお店です。
なので、内装では元々あった建具や垂れ壁を取り払って、出来る限り大きな空間を確保するということくらいしか手を入れるところはなかったのですが、シロアリが出現したお陰で床を全剥ぎすることになり、期せずして立派に土台を組んで床を張り直していただくことになりました。(当初の予定は元からあった床の上に床材を貼るだけでした)
床板は前回書いたように、以前私がしていたお店で使用していた床材をリユースしてもらいました。
裏返してもらったらまるで新品みたいにキレイでした。
壁は石膏ボードで仕上げてもらい、ここで施主である私達の出番です!

IMG_1777.jpg IMG_1780.jpg

ぎゅーぎゅーの工程の中で業者さんに申し訳ないと思いつつも、2日ほど日にちをいただき、私の家族と友人にお願いして自分達で壁塗りをしました。
使用したのは、フジワラ科学の「かんたんあんしん珪藻土」という塗料です。
調湿性や質感を期待して珪藻土にしようと決めたのですが、素人でも簡単に作業できるものはないかなぁ、と探してこれに行き着きました。
なんと言っても、すでに珪藻土が水で溶いてある状態でバケツに入っているのがポイントです。
蓋を開けたらそのまま塗れる!しかもローラーでスイスイと!
ということで、壁の面積を計算して、この塗料の10キロ缶を購入しました。
ただ、調べてみると珪藻土を塗るための前段階の作業がいるとのことで、この他に石膏ボードや釘穴の隙間を埋めるためのパテとその下地にするメッシュテープも用意しました。
その下準備を前日にして(結構大変でした…)、壁塗り直前の様子がこちら。
床との境や建具などのマスキングもなかなか時間がかかり、友人が職人のように黙々とやってくれました。

19B5CCE5-79DC-40BE-B461-9F41BBCEEFC8.jpg 

そして、ローラーと刷毛で一気に塗っていきます!

602BB996-2E63-4274-AA13-C19E4A7F88BC.jpg 61F33B40-B7DA-4A23-A6E4-27713F9A23F2.jpg

家族や友人のお陰で2日目はスムーズに仕上がっていき、黄色い石膏ボードが真っ白になっていく様はなかなか爽快でした!
出来上がってみると、私の調べが甘かったようで、下処理が足りず、ボードの境目が凸凹とくっきり!
ペンキ屋さんに後で聞いてみたら、パテ塗りは何回もやるそうです…。(今回はパテ塗り1、2回。乾いたところをやすりがけ)
そうそう、パテを塗った後のやすりがけも地味に大変だったので、やっぱりプロはすごいな、と思った次第です。
それでも、自分達で塗った壁は愛着が湧いて、お客様にも「凸凹が逆に味があるよ~」と言っていただき、結果オーライで気に入っています。

E34561C5-81D5-4853-88DB-EDE42E056D25.jpg

ひとつ書き忘れていましたが、天井はさすがに素人には厳しいということで、ペンキ屋さんにキレイに塗っていただきました。
レジ裏の木の壁に合わせてベージュとグレーが合わさったような色にしてもらいました。
これも落ち着いた色でとっても気に入っています。
ぜひお店で上を見上げてみてください!

今回も長~くなってしまいました。
これで大体内装は出来上がりです。
次は自慢のトイレでも載せようかなと思っていますので、どうぞお楽しみに~!

この記事へのコメント