白い布巾。

店内フェア「七月のしろ」も残すところ、今日、明日と来週の月曜日の3日間となりました。
暑い夏に少しでも涼しい企画を、と思い考えたフェアですが、期日中は本当に暑くなりましたね!
今日も曇ってはいますが、外はムワ~っと熱い空気が立ち込めています。

最初に白い雑貨、と考えて一番に頭に浮かんだのは、模様も何も無い真っ白な布巾です。
汚れたのがよく分かり、漂白すればまた真っ白になる、そんな布巾が夏には気持ちがいいなぁ、と。
それで探してきたのが、こちらのコーナーの布巾です。
どこにでもあるようで探すと見つからない、白くて吸水性が良く、乾きやすく、そして大きすぎない。
昔ながらのシャトル機で丁寧に作られているガーゼふきんや、奈良の特産品として有名な蚊帳生地ふきんなど、真っ白い布巾と、ワンポイントの刺繍の入った布巾がございます。
洗った状態のサンプルも置いていますので、参考になさって下さい。
450~680円+税

DSCN7167.JPG

そして、同じコーナーにあるおさかなスポンジも真っ白(とグレー)。
スポンジもカラフルなものが多く、白やグレーは「こういうのが欲しかったの!」と思ったカラーでした。
各230円+税

こちらは白地に色の入った麻100%のキッチンクロス。
なんというか、清く正しいキッチンクロスとでも言いたくなるような正統派のクロスです。
麻特有のサラリ、トロリとした手触りが気持ち良いです。
各1200円+税

DSCN7166.JPG

この記事へのコメント