イベント三昧。

昨日は珍しくアクティブに2つのイベントをハシゴしました。
お昼くらいに出発して、まずは松江イングリッシュガーデンへ。
季節が良いとお庭がとってもキレイなイングリッシュガーデンですが、昨日は生憎の雨で外に出ることはできませんでした。
しかし!中でのイベントが目当てだったので大丈夫。
イギリスをテーマにしたイベントで、お庭を囲む回廊の一部に車のクラッシックミニが展示してありました。
ほとんどがオーナーさんがおられる車のようで、車の中を見ると私物が載っていたりして、実際使われている車のようでした。
でも、ここまでどうやって運んだんだろう?廊下を乗って走ったの?まさか~!などと子供と想像して盛り上がってしまいました。
貴重な車を見つつ、お店もいろいろと出ていたのでテイクアウトしてお昼ごはんを食べました。
ここは至る所にイスやテーブルが配置してあるので有難いです。
そして、お腹を満たした後は山の中へ。
お花の日でいつもお世話になっているHANABUMONさんが出られている「冬がくるまえに…」というイベントが忌部の自然休養村でしていたので、そちらへ向かいました。
これがなかなか難しい道のりで、ナビを頼りに運転していたのですが、言う通りに進んでいたら、明らかに怪しい道に入ってしまい、子供の手前平気な振りをしていましたが、内心胸がドキドキするくらい動揺してしまいました。
そこを引き返した後に、いくら行っても続くクネクネ道に再びくじけそうになりつつ進んでいったら、突如たくさんの車が!そして会場の明かりが!!
あった~!と本当にホッとしました。
会場の中には人がたくさん、そしてアクセサリーや陶器、布雑貨や焼き菓子などが並んだ、とても楽しい空間が広がっていました。
迷いながらも行った甲斐がありました。
よかったよかった。
それにしても、行きの道ではほとんど車とすれ違わなかったのに、あんなにたくさんの人たちはどこから来たのだろう?
最近妖怪ウォッチにはまっている息子は、すべて妖怪のせいにしていましたが、まさにキツネにつままれたような気分でした。

さて、冬の白も新鮮!
おすすめトートバッグのご紹介です。
東京にある松野屋オリジナルの「THREAD-LINE」のヘビーキャンバストートです。
ヘビーというだけあって、厚地の帆布を使ったとても丈夫なトートバッグです。
普段使いにぜひどうぞ。
Sサイズ:6300円+税、Lサイズ:7900円+税

DSCN7472.JPG

Sサイズを持ってみるとこのくらい。
お仕事や学校に行かれる時にちょうど良い大きさです。

DSCN7473.JPG

この記事へのコメント